研削加工ブログ

有限会社楠木研磨工業所

≪内径、円筒(外径)、平面の研削加工≫
<< センター穴の酸化被膜除去(きれいに掃除する) | main | 大阪北部地震 >>
マグネットセパレーター
0
    研削加工では研削液をかけながらワークを加工しますが、そのとき研削液のなかに研磨後のカスと砥石の砥粒が混ざってしまいます。

    そのままでは研削液のタンクが研磨カスでいっぱいになってしまうので、何かしら研削液とカスを分離する構造が必要です。

    研磨の除去量の多い平面研削盤や円筒研削盤ではマグネットセパレーターという装置がついています。マグネットセパレーターとは字の通り、マグネットを使って研磨カスを分離させます。マグネットですので、磁性のないSUSなどは分離できません。

    マグネットセパレーターは機械装置の中で一番先にダメになると言われているので、色々見てきましたが、やはりピンキリで良いものからそうでないものまであります。

    性能的な一番は(株)ブンリのマグネットセパレーターだと思います。値段は少々高いですが、研磨カスがカラッカラで水分がほぼない状態で出てきます。

    めちゃくちゃ気持ちいいです(^^)

    | - | 06:10 | comments(0) | - |









         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ