研削加工ブログ

有限会社楠木研磨工業所

≪内径、円筒(外径)、平面の研削加工≫
<< 小規模事業者持続化補助金に採択されました | main | ホームページにメールフォームを追加しました! >>
研削液の希釈倍率は?
0

    研削加工では、クーラントに研削液を使います。研削液は水溶性の研削油を水で薄めて使います。この希釈倍率はだいたい40倍のものが多いです。ですので、水80Lに対して研削液2Lで適正な濃度になります。2Lのペットボトルなどに研削油を小分けしておくと便利ですね(^^)


    クーラントタンクの容量は機械の取扱説明書に載っていますし、手元に取説が無ければ、タンクのたて・横・高さを測ってあげれば計算できます。


    当社ではクーラントタンクの容量は表示するようにしています。


    あと困るのは、研削盤を使っていると、研磨時の気化熱やミストで研削液が減っていって、その都度水を足していくのですが、濃度がわからなくなっていくんですね。同じ濃度の研削液を足していくと、どんどん濃くなっていくので、足していく分は水だけにするとか研削油を薄い濃度で足していくのがよいですね。まぁ濃くなって悪いことはあまりないと思いますが。。


    当社の研削液は薄緑色でちょっと濃くなってきたかも?と判断できますが、研削液の濃度計を使うと濃度が測定できたりもします。濃度計は2万円ぐらいだったかな。





    | - | 17:08 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ